browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

化粧品にかける費用はいくらか

男性の方は女性が化粧品にいくらかけているか知っていますか?

奥さんの使っているスキンケア用品の金額を知ってビックリする旦那さんも多いようです。

男性は化粧品と聞くとファンデーションやアイライナーを思い浮かべ、それらが一番高いように思う人が多いようですが、一番高いのは化粧水や乳液などの基礎化粧品なのです。

だからと言って女性全員が数万円するものを購入しているわけではなく、それぞれの肌の状態に合ったものを使用するのでかかる費用にも個人差はあります。

スキンケア用品含めファンデーションなどの普段使う化粧品の合計が1ヶ月1万円いかない人もいれば、中には2ヶ月に1回の購入ペースで8万円のものを買っていたり、1ヶ月5万円超えてしまうという人もいます。

外食をしないように家で自炊する事によって食費を抑えたりと節約はしていても、スキンケア用品となると女のプライドがあり、質を下げる事はできないという女性が多いようです。

男性にとってはスキンケア用品にかける費用は理解できない部分かもしれません。

女性は男性に比べて、毛の処理、スキンケアや化粧など美しさを保つために日頃からしなければいけない事がたくさんあります。

ですから、女として産まれた事を後悔する事があるとすれば、美容院代、化粧品代、洋服代と男性に比べお金がかかる事が多いと言う女性は多いです。

私も成人式の時に着物や髪飾りなど用意するものが多く、男性はスーツでいいよなと思った事があります。

また、化粧品に関してはこだわりを持っている人が多く、いくら高級で数万円するスキンケア用品でも自分の肌質に合い愛用したいと思うものであれば、使い続けるという人が多いのです。

独身の時は誰に怒られるわけでもなく、自分のお金はスキンケア用品であれ洋服であれ自由に使う事ができました。

しかし、結婚して家庭を持てば好きなようにお金を使うわけにもいきません。

しかし、スキンケア用品だけは、自分のこだわりを捨てる事ができずに1ヶ月数万円するものを愛用しているという人もいるようです。

奥さんが美しくいてくれる事を誇りに思い、旦那さんは理解する努力をしてあげてほしいです。


© 2016 40代のための化粧品